デリケートゾーンの黒ずみをきっかけに、ショーツを変えました。

以前、お付き合いしていた男性から、言われてすごくショックだった一言を今でも覚えています。
「ねぇ、なんかあそこが黒いけど・・・もしかして昔遊んでた?」
この言葉を思い出すだけで、今でも涙が出そうになります。もちろん、私は神に誓って男遊びが激しいなんて事も絶対にないです。
自分では気づかなかったけど、デリケートゾーンが黒いだなんて、本当に、ショックでした。家に帰って、鏡でよく確認してみると、本当に黒ずんでいました。
黒ずんでいると、すごく不衛生に見えるし、彼が言うように、遊んでる印象を持たれるのも無理ないのかな・・・と思ってしまいました。
それから、デリケートゾーンの黒ずみは何故起こるのか、原因をネットで調べました。1番の原因は、下着の摩擦からくるものだとわかりました。
そして、私はいつもデザイン重視の可愛い下着を選んでいて、素材について考えた事がありませんでした。
ネットでは、ナイロン製の下着は肌に摩擦が起きやすいと書いてありました。私の手持ちの下着を調べてみると、ほとんどがポリエステルでした。
気づかずにこんなショーツばかり履いていたなんて大ショックでした。
その日から、ショーツはシルク素材にすべて買い替えました。そして、ぴったりとしたショーツばかりだったのですが、ゆったりとした柔らかなものばかりを履くようにしました。
初めは違和感がありましたが、履いているうちに心地よくなり、今ではシルクのショーツが手放せなくなりました。
前よりもデリケートゾーンへの摩擦が減ったと感じています。他の黒ずみ対策もしていきたいと思っている所です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消はこちら!!
デリケートゾーンの黒ずみをきっかけに、ショーツを変えました。

涙袋を作る☆上手なメイク方法

最近のメイクのトレンドは涙袋を重視したメイクです。
人気のアーティストさんや女優さん、素敵なお顔立ちには必ずといって良いほど皆さん涙袋があります。
涙袋でうるうるした目元になりたいのに、涙袋がない!なんていう方もいらっしゃると思います。
この記事では、涙袋を作る上手なメイク方法を紹介します。
下瞼が薄く、涙袋ができない方でも簡単にぷっくり涙袋を作るためには、ピンク系もしくはゴールド系の少しパールが効いたアイシャドウと、明るい茶色の眉パウダーもしくは明るい茶色のアイブロウペンシルを使います。
普段通りに目元のメイクを終えたら、下瞼にピンク系かゴールド系のパールアイシャドウをチップで目尻から黒目の内側辺りまでのせます。そして指の腹、またはブラシでぼかします。
この時、ラメ感の強すぎるシャドウをべっとりのせると涙袋が目立たなくなり、色味の強すぎるシャドウをのせ過ぎると、疲れたような目元になってしまうので、適当なシャドウを薄くのせることがポイントです。
そして、下瞼をうっすら閉じるようにして鏡で目元を見て下さい。
下瞼に薄く涙袋のような影ができます。その影のできるラインに明るい茶色の眉パウダーか明るい茶色のアイブロウペンシルで涙袋の影をかいていきます。そして指の腹、ブラシでぼかします。
これだけで自然な涙袋が出来上がります。
影を入れる時、色味の濃いものを使ったり、ぼかさずそのままにしておくと不自然で一気に老けた印象の目元になってしまいます。
このことに気をつければ、誰でも簡単に涙袋が作れます。
涙袋を作った後に、黒目の下にだけ薄く白っぽいラメ系のシャドウをポンとのせるとより立体感のある涙袋になり、目元がパッと明るくなります。
涙袋を作る☆上手なメイク方法

脱毛の感想や脚の脱毛の効果

私は脱毛するにあたり、以前から剛毛で非常に無駄毛が濃いことが気になっていた膝下を脱毛することにしました。
脱毛エステを選ぶにあたっては、ネットで情報を集めて評判が良いサロンを探したり、キャンペーンが開催されているサロンを選んでなるべく安く脱毛を行えるように意識しました。
脱毛サロンを契約する際には、事前にネットからサロンの無料カウンセリングの予約を行いました。
最近の脱毛エステはどのお店も完全予約制になっているケースが多いです。
以前車の渋滞で15分以上遅刻してしまったことが有るのですが、残念ながらその日は施術を断られてしまいました。
脱毛エステに行く時には、時間にゆとりを持って行動するようにすることが大事です。
膝下を脱毛してもらう際には、痛さや刺激が強くないか不安に思っていました。
人一倍無駄毛が濃い体質ですし、すね側は本当に太くてコシがある毛がたくさん生えてたり、ふくらはぎ側もかなりの多毛で埋没毛もとても多い点が悩みでした。
しかし、脱毛を開始してからはみるみるうちに無駄毛も細くなり、全体的に非常に多かった無駄毛の量も激減してくれて、とても嬉しい気持ちになりました。
脱毛をしてからは毛深かったコンプレックスも大幅に解消されましたし、無駄毛を抜いたりこまめにシェービングしていたことで埋没毛が目立っていたり、黒ずみがちだった肌もかなり綺麗にすることが出来て助かっています。
以前はレギンスやタイツで肌を隠してしまうことも多かったですが、脱毛を一年半ほど掛けて8度した今では素足を出すことも平気になりました。
脱毛の感想や脚の脱毛の効果

もし、横浜で脱毛をお考えなら、以下のランキングサイトを参考にしてみてください。
横浜の脱毛サロンランキング

レーザーによる施術直後は冷却タオルを当てる

美容に関わる施術を受けた後は、保湿や冷却などを指示される場合があります。脱毛でも、そのように言われる事があります。
とりわけレーザーの光による施術を受けた時は、冷却するよう言われる傾向があります。なぜなら、熱による影響が懸念されるからです。
夏の日差しを浴び続けていると、肌が自然と赤くなるでしょう。そのまま放置していれば、色々な悪影響が懸念されます。何とかして、赤みを元に戻したいですね。それと同じ事を、施術後にも行う必要があります。
一番おすすめの方法は、冷水です。ただし冷水を該当箇所に流し続けるのではなく、タオルに当てて冷やしてあげると良いでしょう。それは毛穴に関するメリットがあるからです。
そもそも施術を受けた後の肌は、毛穴が開きやすくなっています。そのままの状態では、開いた部分から細菌類が多く侵入してしまい、肌に対するダメージが発生する確率も高まるでしょう。それでは大きなトラブルが生じる可能性もあります。
ところが冷水タオルで冷却してあげると、肌の引き締めが行われるのです。それで毛穴も引き締まってくれますので、細菌類などが毛穴から侵入する確率も低くなる訳です。少なくとも施術を受けた直後には、それを行うよう心がけると良いでしょう。
ただし細菌類が入ってくる事を防ぐ目的ですから、もちろん衛生面には気を使う必要があります。もちろん極力清潔なタオルを用いるべきでしょう。
レーザーによる施術直後は冷却タオルを当てる

八王子や町田エリアで安くて評判の良い脱毛サロンを探すならこちらのサイトがオススメです。
脱毛サロン八王子なら
町田の脱毛サロンおすすめランキング
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

しっかり目を保護して行う顔脱毛

ムダ毛がなくなれば汗の量が増えるのは科学的に証明されているわけではなく、ムダ毛がなくなることで流れ出る汗の量が増えたように感じられたり、これまでムダ毛に付着していた分の汗が皮膚につくことになりますが、こうした現象により汗が増えたという感覚を覚えます。
顔の汗は化粧崩れの元になりますが、崩れたメイクは直せばよいです。顔脱毛で得られるのは化粧直しで手に入れられない毛穴の引き締まり感、トーンが明るくなった肌、透明感などで、メイク直しの手間と比較したら、顔脱毛で得られえるメリットの方が大きいです。
顔脱毛は体の脱毛と同じように光でムダ毛処理する方法が普通で、この施術法はどういったデメリットがあるのでしょう?
至近距離の発光で視力に影響はないのでしょうか?顔脱毛施術時、処理する範囲に機械をつかって光を照射します。
医療レーザーの照射光は各3センチ程度、エステは1.5センチ×3センチで、顔脱毛をするとき目から数センチといった至近距離で何度も光ります。
医療クリニック、脱毛エステで光脱毛をするなら、目から離れたひざしたの施術でも目を保護するためゴーグルを装着します。
仰向けなら眼球保護したほうがいいぐらいつよい光をつかっているのです。
そして、眼科専門医の見解は、プロテクターが外れても目を閉じていれば平気とのこと。
ですが、ミュゼなどS.S.C方式を取り入れてるサロンは目の付近は脱毛施術ができません。
しっかり目を保護して行う顔脱毛